エメットの誕生日に、手話版ゾンビ映画を制作することに決めたベイとダフネ。その頃エメットとシモーヌは肉体関係を持ってしまったことに対して激しい罪悪感を抱いていた。罪悪感に耐え切れず母親に打ち明けたエメットは黙っていることを勧められる。一方でシモーヌはにエメットとの、メールのやり取りをウィルケに見られてしまい・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001