18年間おとり捜査一筋にやってきた、麻薬取締局(DEA)の伝説の覆面捜査官チャーリー。が、先ごろのおとり捜査で、彼はなぜか正体がバレてしまい、まさに殺される寸前の恐怖の体験をしてしまう。それで自信をなくしたチャーリーは引退を申し出るが認められず、新たなおとり捜査のため一人ニューヨークへと送られてしまう。いよいよ、マフィアの巣窟へ乗り込み死と隣り合わせの日々が再び始まった彼は、ストレス性の腹痛で病院へ駆け込むハメに。が、そこで彼は美しくてやさしい看護婦ジュディと出会うのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001