杭で打ち殺された吸血鬼__吸血鬼の格好をした男性が、心臓に杭を打たれ、墓地で死んでいた。キャッスルは、被害者が吸血鬼マニアのグループのひとりだと断定し、ベケットとともに身元調査に向かった。マニアたちに聞き込みをすると、被害者は"クロウ"と呼ばれたコミック作家であり、"デーモン"という男性の恋人がいると知らされた。また、被害者には意外なトラウマもあることがわかり、2人は事件との関連性を探っていく。同時にベケットは、殺人に興味が尽きないキャッスルのトラウマも解明しようと彼を追及する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001