大爆破にのまれたベケット__容疑者の自殺により事件は解決したかと思われたが、それは真犯人が仕組んだ罠だった。数日後、遂にベケットの自宅が爆破される事件が起きる。キャッスルの救出により間一髪で助かったベケットだが、犯人は既に新たな殺人を計画していた。「犯行を続ける」とベケットに電話を入れると、見せしめのように、その場で女性を銃殺。必死の捜査により容疑者は17人に絞られる。ところが、FBIのショウ捜査官が犯人に誘拐される事件が勃発。キャッスルたちは最新鋭の技術を駆使し、ショウ奪還に挑む。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001