死のメッセージを託した鳥の羽根__地下鉄職員レナード・レヴィットの銃殺体が、公園で発見された。背中は至近距離、胸は遠方から撃たれていることに検視官のラニは不審を抱き、キャッスルは遺体の胸ポケットから見つけた猛禽類の羽根に疑問を持つ。そしてレナードの自宅を捜索すると、暗視装置やパラボラマイクなど、何かを追跡するための装置があり疑問は益々深まっていく。やがてキャッスルの閃きの下、再び殺害現場を捜索するとレナードのカメラを発見。そこに残された映像が、事件を思わぬ方向に展開させていく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001