赤い酒に殺められた港湾労働者__イーストリバーで男性の水死体を釣り上げたと通報があった。遺体が所持していたギャンブル依存の克服メダルから、身元は港湾労働者のドナルド・ヘイズと判明。捜査を進めていくと、ヘイズは港湾労働の組合員証を売り、全財産を投じて伝説のバーを購入していた。偶然にもそこは、キャッスルがデビュー作を書き上げた店"オールド・ホーント"だった。その矢先、ヘイズの頭蓋骨から"赤いガラスの破片"と"アルコール"が検出される。キャッスルとベケットはバーを殺害現場と推定し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001