斧で切り裂かれた人気脚本家__昼ドラの長寿番組「誘惑の小道」の撮影中、セット内で同番組の脚本家サラ・カトラーの遺体が発見された。背中には凶器である"消防斧"が刺さったままという異様な状態から、ベケットたちは犯人が斧にメッセージを込めたと考え捜査を開始する。第一容疑者は、ドラマの熱狂的なファンで知られるフォックスキャン・ラバー。彼女はサラの脚本を嫌悪し、ブログで犯行をほのめかしていたという。その頃、かつて番組に出演していたキャッスルの母は、事件を知るなり勝手に捜査協力を申し出る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001