ピザ窯で生焼けにされた伝説の記者__NYで人気のピザ店"本格派ニックス"の窯の中から、生焼けの男性遺体が発見された。検視官のラニによると「死因は胸の刺傷によるもので、死後窯の中に入れられた」という。その後の検視結果から、身元はゴードン・バーンズと判明。彼は、キャッスルが敬愛する伝説の新聞記者だった。バーンズの担当編集を訪ねると、彼は死ぬ直前まで競い合っているピザ店の記事を執筆していたという。その直後、ベケットたちは遺体発見現場のピザ店が、1990年代にFBIの捜査を受けていたことを知る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001