市庁舎の公用車の中から、28歳の女性ローラ・ケンブリッジの絞殺体が発見された。舌骨が折れるまで首を絞め上げていることから、犯人は大柄な男と断定。早速、ローラの調査を始めたベケットたちは、彼女が大学教授の職を自ら辞め、清掃会社やクリーニング店などの職を転々としていたばかりか、最近では風俗店で働いていたことを突き止める。そんな矢先、遺体が発見された公用車は、NY市長ウェルドンのために貸し出されていたことが判明。市長と長年の友人であるキャッスルは彼の無実を信じて疑わないが、ベケットは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001