クリスマスをこよなく愛するキャッスルは、イブの日をベケットと過ごそうと準備に余念なく、その日を心待ちにしていた。ところが、イブの日を目の前に、なぜかベケットの態度がぎこちなくなっていく。そんなある晩、公園で"サンタの遺体"が発見された。身分証には北極在住、クリス・クリングルという名前が記されてあり、目撃者によればサンタは空から落ちてきたという。検視の結果、死因は転落ではなく、背後からの射殺と判明したが、深まる謎を追うキャッスルたちは思いもよらぬ"サンタの素顔"を知ることになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001