28歳の幼稚園教師サラ・ヴァスケスが、路上で何者かに狙撃された。検視によれば、弾が体の前から後ろに貫通していることから、犯人は彼女を狙って撃ったと断定。しかし、犯人の目撃者はおろか、銃声を聞いた者もおらず捜査は難航する。更に翌日、同様の事件が発生してしまう。被害者は弁護士のヘンリー・ワイアット。2人に共通点はなく、無差別連続狙撃事件として捜査を進めるキャッスルたち。そんな中、ベケットは自分が狙撃された過去を思い出し、激しく動揺し始める。セラピストは、事件から降りるよう説得するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001