ホテル8階の窓から、全裸の男性が転落。客室に残されていた運転免許証から、被害者は28歳のマイケル・ベイリーと判明する。検視の結果、マイケルはリウマチの薬"コルヒチン"を大量に飲まされ、階下に激突する前には死亡していたという。また、殺害される直前には2人の女性と関係を持っていたこともわかり、ベケットたちはマイケルの浮気が原因で、女性に殺されたと推測し捜査を開始する。ところが、彼には数えきれない複数の交際相手がおり、全員が「恋人は私だけ」と主張。さすがのキャッスルも困惑してしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001