1940 年代には偉大な音楽家が演奏していた伝説のクラブ"ペニーベーカー・クラブ"で、男性の射殺体が見つかった。被害者はスタン・バンクス。別居していた妻によれば、スタンは"宝探し"にハマり仕事も辞めてしまい、最後の電話では"ブルー・バタフライ"を追い求めていることを夢中で語っていたという。スタンの所持品に興味を持ったキャッスルは、1940年代に書かれた私立探偵の日記を見つけると独自に調査を開始。すると、呪いの噂のある"ブルー・バタフライ"という首飾りが存在することを、日記から知らされる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001