埠頭で銃撃されたベケットとキャッスルは、車ごと海へ転落。命からがら窮地を脱した2人だったが、すぐにCIAのソフィアに連行されてしまう。ブレイクリー博士の暗号を解読し、密かに捜査していた2人を罵倒するソフィアは、捜査協力の解消を申し渡す。ソフィアの横暴な態度に怒りを抑えられないベケットは「ゲージは3人を殺害した」と、"殺人事件"として捜査を続行しようと決意する。そんなある晩、キャッスルが帰宅すると、ソフィアが彼を待ち構えていた。そして彼女は、埠頭で見つけたという"あるメモ"を渡す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001