ベケットに堅く心を閉ざし、新作『氷のヒート』の執筆もままならないキャッスルは頭を抱えていた。そんなある朝、彼の目に入ってきたのは、射殺体で発見された被害者が"3人の切断された頭部"を所持していたというニュース映像。キャッスルは、この異様な事件以上に、画面に映る現場捜査中の刑事スローターに興味を示す。「今のベケットは創作の刺激にならない」と言い、彼は強烈な個性を放つスローターの捜査に同行しようと画策。ベケットはそんなキャッスルの変貌ぶりに憤り、セラピストに激しい怒りをぶつけるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001