25歳の旅行客ウェンディ・デュプリーの射殺体がホテルで発見される。遺体の横には自らの血で記したと思われる"LIE"という、ダイイングメッセージが残されていた。「何か意味がある」と、解読に夢中になるキャッスル。そして、ウェンディの足取りを追い、貸し倉庫の競売会場を訪れた彼は、メッセージが"317"という番号であることに気づく。なんと、"貸倉庫317"の持ち主はウェンディの双子のきょうだいウェンデルと判明。さらにウェンデルも6週間前に死亡していたことがわかり、キャッスルたちは2人の死の関連性を疑う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001