街中で謎の自動車爆破事件が勃発。ベケットたちが現場に駆けつけると、既に国土安全保障省の連邦捜査官たちが到着していた。彼らは爆破された車を勝手に押収し、ベケットに「妨害すれば逮捕する」と言い、捜査への協力を拒否。独自捜査を始めたベケットは、被害者が"匿名の告発者"というサイトを運営し、政府や企業の不正を暴く活動を行っていたデール・タナーとわかる。さらに、爆破が"ミサイルを搭載した無人航空機"によるものであったことが判明すると、ベケットは危険を省みず捜査の目を"軍"へと向けていく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001