アレクシスに『モード』の主導権を握られ、すっかりやる気をなくしてパーティ三昧の日々に舞い戻ってしまったダニエル。ゴシップ・ライターのクインシーがミード家の暴露本を書くために身辺を嗅ぎまわり始めたのを知り、ベティはダニエルをスキャンダルから守ろうと日夜ヤキモキする。クリスティーナはそんなベティを"ダニエル依存症"だと一喝。仕事を忘れて思い切り羽を伸ばそうと、クラブでの夜遊びに連れ出す。市民権の裁判手続きが一向に進まないイグナシオは、今度こそ弁護士と引き合わせるというコンスタンスの言葉を信じ、渋々彼女の家へと向かうのだが・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001