共同編集長への復帰条件として、ウィルミナはファッションに疎いデニースを辞めさせるようダニエルに要求。更に、クレアがサウスダコタに行ったことを嗅ぎ付けると、この情報を使ってカルもミード社から追い出そうと画策する。一方、マットとラブラブのベティは、嬉しい反面1日中一緒にいたがる彼に、少しうんざり気味。自分以外に何か情熱を注げるものを見つけてほしいという思いから、マットに内緒で有望アーティストの展覧会に彼の作品を出品することに。ところが展覧会当日、ベティは初めて見るマットの作品に驚愕する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001