マットからニューヨーク特集号に記事を書かないかと勧められ、気合が入るベティ。忙しくなったため、ウィルミナにアシスタントをつけてもらおうと頼みに行くと、なんとマークを貸し出される。険悪なムードのまま、2人は特集記事の体験リポートのために一緒に町へ出るものの、衝突を繰り返すばかり。一方、ダニエルが新しく採用したアシスタントのレクシーは、セクシーでモデル並みのルックスを持つプライドの高い勘違い女で、全く使い物にならない。それどころか、ダニエルをセクハラで訴える可能性まで浮上してしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001