ウィルミナにとって"モード"で最後の仕事となる水着撮影のため、一行はバハマ・ロケへと出発。準スタイリストとしてロケに参加することになったアマンダは、一気にマットとの距離を縮めるチャンスだと大張りきり。2人が本気で付き合いはじめるかもしれないと知って落ち込むベティに、ウィルミナは仕事だけに集中しろと激を飛ばす。ところが、ビーチで1人ランチを食べていたウィルミナの目の前に、死んだはずのコナーが現れる。一方、バカンスに行きそびれて不満なヒルダのところには、ボビーが訪ねて来る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001