オースティンとのキスをボビーに見られてしまったジャスティンは、家族にばれるのではと不安でならない。相談を受けたマークは、ヒルダなら分かってくれるとジャスティンを励ます。一方、ベティの元には、ヘンリーからニューヨークへ行くというメッセージが。ベティはロンドンに滞在中、酔った勢いでヘンリーに電話してしまったことを思い出す。また、ウィルミナの画策通りクレアの裏切りを知って、タイラーは自暴自棄になる。ウィルミナはタイラーがミード社の株を手に入れれば、自分が買い取ってもいいと持ちかける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001