アレックス・グロムバーグは父ミッチェルが創設した法律事務所に勤務する弁護士。カウンセラーである妻のレベッカと2人の息子とともにニューヨークに住む裕福なファミリー。高齢の父ミッチェルと母イブリン夫婦も同じニューヨークのアップタウンで暮らしていた。父は高齢ではあるものの、その毒舌は衰えず、アレックス、レベッカ夫婦とは何かにつけて口論になっていた。また、息子2人は何を考えているか分からない息子たちで、アレックス夫婦の悩みはつきないのだった。裕福で一見幸せそうだが、どこかちぐはぐな家族。そんな家族をまとめようと懸命のアレックスだったが、ささいなすれちがいからもめごとは絶えなかった。しかし、ある日イブリンが息をひきとったことをきっかけに、不器用ながらも再び家族の絆を手繰り寄せはじめるのであった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001