とある屋敷で目覚めたジュビリー。ここではエグゼビア教授がミュータントを集めて「エックスメン」を組織、ミュータントパワーをコントロールして人類のために役立てる方法を教えていた。ストームやローグなどもここのメンバーだった。破壊したロボットの記憶を回収した結果、ロボットがなぜジュビリーを追っていたのかが分かった。彼女はミュータントとして、ミュータント・コントロール・エージェンシーに登録されていたのだ。エージェンシーの陰謀を感じ取った教授は、本部に忍び込んで登録したミュータントたちのファイルを盗み出し処分することをエックスメンに命じる。一方で、屋敷を抜け出したジュビリーは再びロボットに捕まり、行方不明となる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001