ジーンを失い、悲嘆にくれるエックスメンたち。中でも深い傷を受けたサイクロップスはエックスメンを辞める決意をする。彼が向かった先は幼い頃育った孤児院であった。そこでかつて幼い時分を一緒に過ごしたサラと再会する。現在サラは院長を務めていたが、孤児院を資金面で支えてくれていたのは地元の土地開発業者キルグレイブだった。しかも彼は里親のつかないミュータントの子供たち、タキ、ブンブン、スキッズ、ラスティを養子に迎え入れてくれた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001