アーコンのプロポーズを受け入れ、ポラメカスで女王として暮らすことを決めたストーム。再建でにぎわう街には、ストームを称える像が建ち始めていた。だがウルヴァリンは今回の結婚を素直に喜べないでいた。彼はポラメカスにうさん臭いものを感じていたのだ。そんな中、街へ出たエックスメンは、ロボットの姿に異常に怯える労働者を目の当たりにする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001