天才検死官と異名を取るミーガンは同僚だけでなく、刑事たちからも疎ましく思われていた。特に刑事バドとは、今回も事件の真相を巡り意見は衝突。若い男女の銃殺体が車中で発見され、バドは心中事件と決めつけたが、ミーガンは被害者の男デーヴが左利きであった事を見抜き、銃を右手に持っているのは不自然と反論した。そして頭に2発の銃弾が発見されると殺人事件として捜査は開始されたが、刑事バドのチーム、ミーガンとピーター、検死局の同僚イーサンとカーティスは、それぞれ別の容疑者を追い始めてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001