バラバラ死体の一部が川辺に埋められていた。発見されたのは、手首と足首のみ。ミーガンは回収された部位を精査し、姿なき遺体の身元解明に急いだ。被害者はリウマチ性関節炎を患う50代の元溶接士の男性であり、手の甲にうっすらと残ったスタンプからカジノの常連客カラムと特定した。カラムが最後に目撃されたのは、遺体が発見される5日前の夜。カジノで大勝した直後、黒のスポーツカーに乗る男に連れ去られたという。一方、ミーガンの娘レイシーが社会科の宿題のためと検死局を訪れ、母の仕事を興味津々に聞き回る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001