ペンヒル大学で、解剖実習のための遺体がすり替えられる事件が起きた。通報者は、学生のドーラ・メイソン。安置室で確認したはずの男性遺体は消え、そこには身元不明の女性遺体が横たわっていたという。解剖学教授フィッシャーは病院の手違いだと主張するが、ミーガンは遺体を一見するなり事件を疑い検死を開始する。遺体の背中一面に彫られたトンボのタトゥー、死後に帯状変色を起こした瞳の色から捜査チームは身元確認を急ぐが、局長ケイトは恩師フィッシャーへの疑惑が拭えず、ひとり病院へ乗り込んでいく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001