検死中の怪我でウィルスに感染したケイトは、記者会見中に倒れ隔離病棟に搬送される。こうした患者が増加する中、FBIと警察は、大半の被害者が6つの場所で感染源であるテロリストと遭遇していたことを解明する。しかし、どの場所にも属さない“孤立値”と呼ぶ10人の足取り調査は難航し、FBIはこの“孤立値”の中に犯人がいると睨んでおり、その1人であるダニーも疑っていた。そして検死局では、遂にミーガンが全患者共通の死因が脳の出血にあると突き止める。その結果、発症から72時間で死に至ることも判明し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001