スクールキル川から、製薬会社の営業担当エイミー・グリーンの溺死体が上がった。遺体は下着しか身に着けておらず、体に傷はあるが致命傷はなかった。しかし、検死を始めたミーガンは遺体の異常さに唖然とする。なぜか全身の血液がすべて失われていたからだ。胃の中の成分を調べると、エイミーは死ぬ直前に珍しい種類の牡蠣を食べていたことがわかり、その牡蠣を提供している店を手掛かりに捜査が始まった。同時にミーガンはレイシーのために部屋を改修しようと懸命になるが、そんな母の姿を見てレイシーは思い悩む。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001