受刑囚ロバート・ライリーが、護送中に同房のオスカーと共に看守の銃を奪い逃亡した。ライリーは、市内でも有数の資産家エメット・ハリントンの妻キャロラインと密通していたが、ノコギリで彼女を殺害。有罪判決が下されたばかりだった。逃亡後、すぐに捕らえられたオスカーによれば、「ライリーは“逃げた”のではなく、“借り”を返しに行った」という。その相手は、彼を有罪にしたエメット、証人2人、検事のダン、ミーガン。そんなある日、車に乗り込んだミーガンを待ち構えていたのは、銃を手にしたライリーだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001