市内のホテルで開催された“貿易フェア”のパーティーで、ウクライナ領事の随行員だという男“セルゲイ”と出会ったケイトは、瞬く間に恋に落ち一夜を共にする。翌朝、ホテル近くの路地裏で若い女性の変死体が発見された。現場に駆けつけたミーガンたちは、首裏のバーコードのような記号から、彼女が売春組織に属していた娼婦と特定。また、左腕にはロシア語が綴られたタトゥーがあり、服の裾には手紙が縫い込まれていた。ケイトはロシア語の翻訳のためとセルゲイを連れて来るが、ミーガンは直観で彼を怪しみ出し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001