感謝祭の休暇に出掛けたダーリング一家の留守宅を訪ねてきた、ゴシップ誌の女性記者。一家の暴露記事担当で、締め切りを6時間後に控えた彼女は、「記事の事実確認」という名目で強引に上がりこみ、留守番役のクラークから言葉巧みにダーリング家の情報を引き出そうとする。ダッチ殺害の容疑者、エレンの死、カレンとサイモンの破談、レティシアの自宅監禁、ジュリエットのその後についてなど、記者がつかんでいるネタをひとつずつ挙げると、一人で暇を持て余していたクラークも、次第に滑らかな口調で話しはじめる―。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001