アルフレッドとの結婚が正式に決まったジャンヴィエーヴは、ゾイラに「ヴァレンティナの卵子が欲しいの」と言い出す。怒りに震えるゾイラは「娘のDNAは絶対に渡しません」と突き離すが、アルフレッドから密かに“ある条件”を差し出されていたヴァレンティナは覚悟を決めようとしていた。その頃、フローラのDVDを入手したマリソルは、映像に残されていた会話を手がかりに彼女の祖母ミルタを訪ね、子供の父親の正体を探ろうとする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001