ある朝、イーライは見知らぬ女性の隣で目覚めてびっくり!どうやらこれは、ネイサンの過去の記憶らしいとわかる。そんな中、ネイサンが患者カレンの夫から訴えられたと相談に来る。心臓移植を待っていたカレンは3ヵ月前に死亡。移植コーディネーターのネイサンが、リストの一番上にいたカレンではなく、容体が急変した別の女性を優先したのは不当だという訴えだった。一方、断片的に現れ続けるヴィジョンは、10年前に父親が病院で亡くなった日だと判明。次第にネイサンがひた隠しにしてきた事実が明らかに…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001