パシフィック・ウェルケアに患者が流れ、“オーシャンサイド・ウェルネス・グループ”は閑古鳥の鳴く日々。状況に流されてヴァイオレットと一線を越えてしまったピートが自分の行動の意味を図りかねて戸惑っている中、メグがLAに戻ってきてしまう。アディソンは良かれと思って療養中のケヴィンの自宅に家政婦を手配するが、逆にケヴィンのプライドを傷つけてしまう。小児糖尿病の少年ポーターを診るクーパーはは、車で長旅を続けるポーターの父に不信感を抱く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001