シアトル・グレースでのミスのため、腎臓移植が受けられなくなってしまった患者サラを、聖アンブローズに搬送してきたベイリー。サラは72時間以内に移植を必要とする危険な状態だった。腎臓の提供者となる姉エミリーは、一刻も早く移植手術にとりかかるよう強く訴える。ところが検査の結果、エミリーはHIV陽性であることが判明。移植の是非をめぐって、ベイリーとサムは激しく対立する。一方、ヴァイオレットは仕事に復帰する。息子ルーカスはピートが育てていたが、シェルダンが実父確定検査を求めてくる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001