ヴァイオレットは、ルーカスの共同親権を求めて訴訟を起こし、証人として同僚たちが次々と証言台に立つ。裁判が進行する中、過去の忘れたい出来事や思いがけない本音が浮き彫りにされ、各々の中に少なからず動揺や不信感、後悔の念が渦巻いていく。また、ヴァイオレットはコスタリカで過ごした後、何故ニューヨークに寄ったのか?何故ルーカスの母親になる決心がついたのか?ニューヨークで出会ったある女性との体験と共に、ケイティによる襲撃事件の詳細が初めて明らかに。そして、ルーカスの親権の行方は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001