祖父と2人暮らしの14歳の天才ピアニスト、パトリックに脳腫瘍が発覚。クーパーとアメリアは、成功率は高いものの腕の神経を傷つける可能性のあるオペと、腕は守るが脚に麻痺が残る可能性のある覚醒下手術の2つを提示。祖父の反対を知りつつリスクの高い覚醒下手術を希望するパトリックの本心を聞いたクーパーに、幼い頃の父の記憶が甦る―。同じ頃、ピートの母がERへ運び込まれる。母を刑務所から出すために、弟のアダムが心臓病を悪化させる薬を与えていたのだ。残された時間がわずかであると知ったピートは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001