ある日、ヴァイオレットのもとへ1枚の訴状が届いた。自伝の内容が守秘義務違反に当たるとして、あのケイティに訴えられたのだ。直接話せば分かってもらえると考えたヴァイオレットは、ピートの猛反対にも耳を貸さず、ケイティに会いに行くが…。また、シャーロットが結婚式の準備に積極的ではないと感じるクーパーは、彼女の元夫ビリーの居場所を突き止め、2人を引き合わせることに。一方、妊婦の妻がガンに冒された夫が、妻と赤ちゃんの命を巡って悩む姿を見たアディソンは、改めてサムに子作りか別れかの選択を迫る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001