医事審議委員会からヴァイオレットの医師免許停止の通知が届き、さらにクリニックも責任を追及されることに。職場が存続の危機に陥る中、それぞれに自分の今と将来を見つめ直す医師たち。サムと別れ孤独なアディソンは、セラピーで“変化は起こすもの”とアドバイスを受け、新たな出会いに前向きになろうと決意する。一方ナオミは、母そしてクリニックの創設者としての責任を感じ、ファイフの気持ちを受け止められない。そんな中、ヴァイオレットはピートの反対を押し切り、本の出版ツアーに出掛けると言い出し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001