ピートの心臓発作以来、家庭で育児に専念するようになったヴァイオレットは、ピートの体を心配しながら家に籠りがちの生活で疲れ気味に。そこでママ友の会に参加してみるが、話題も意見も合わないヴァイオレットは、すぐに孤立してしまう。その頃、クリニックでジェイクの患者ニーナを診察したアディソンは、生まれつき子宮のないニーナに祖母の子宮を移植するというジェイクの方針を知る。リスクが高い移植には賛成できないものの、どうしても子どもを産みたいと願うニーナの心境が痛いほど分かるアディソンは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001