ミシェルが自殺し、自暴自棄に陥るアメリアは、ライアンというクスリの常習者と親しくなり、お酒だけでなく再びクスリにも手を染めていく。そんな彼女を心配するシャーロットは、自身も薬物中毒だった過去を思い出し、アメリアを更生させようと手を差し伸べる。一方不妊治療を開始したアディソンは、感情の高ぶりの激しさに悩まされながらも、精子ドナーの選定へと進む。彼女の主治医となったジェイクは、アディソンが抱える期待と不安を悟り、恋人でも子作りには協力しないサムに「君たちは中途半端だ」と告げる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001