双極性障害と診断されたコリーヌの面倒を見るため、しばらく仕事を休む事を決めたサム。シェルダンは、彼女の回復には周期があると警告するが、サムは耳を貸さずに彼女とプラネタリウムに出掛ける。幼い頃から星を眺めるのが好きだったコリーヌは興奮し、夜中のビーチで騒いでいるところをアディソンに発見される。その後も極度の躁状態が続き、次第に手が付けられないほど大暴れする事態に。一方、ルーカスのために一緒に過ごす時間が増えてきたピートとヴァイオレットは、再び家族に戻る道を探り始めるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001