ピートの遺言に従い、彼を追悼する盛大なパーティーを開いたヴァイオレット。バリ島の葬式のように、歌と笑いと思い出話で明るく盛り上がってほしいというピートの願い通り、クリニックの仲間達をはじめピートを慕う元患者が大勢集まる。最初は気丈に対応するが、弔問客からピートの思い出話を聞かされ続けることに耐えきれなくなったヴァイオレットは、ピートの遺品の革ジャンから見つかったクスリを手に2階のバスルームへと逃げ込む。共にハイになったクーパーは、口を滑らせてシャーロットの三つ子妊娠を明かす。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001