妹のデニーがカラに殺害されたことを知り、“血の憤怒(コンダー)”にとらわれるカーラン。カーランから逃れて故郷の町に帰ったカラは、9歳の時に生き別れた姉と再会する。しかし、モルド・シスを憎む町の人々によって、“聴罪師への服従による死”という、モルド・シスにとっての極刑を言い渡されてしまう。要請を受けて町に向かったカーランは、処刑を阻止しようとするリチャードと対立。さらに、カラの過去が明らかになり…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001