メキシコへの強制送還を覚悟していたロージーの前に、突然姿を現したスペンス。彼はいきなり跪くと、指輪を差し出し、ついにプロポーズをする。そんなある日、マリソルとニコラスは、結婚25周年の記念日を迎えたパウエル家を訪ねていた。神妙な面持ちの2人は、エイドリアンとエヴリンに“隠された驚愕の真実”を明かし、許しを乞おうとするが…。一方、“殺人計画”を実行すると決めたタイは、銃を片手に“ある場所”へ向かっていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001