11度目の朝、ようやくチャドから奪い取った調書の中には、あの“砂時計”の写真があった。“砂時計”に付着していた指紋が、服役中の凶悪犯ミゲル・ドミンゲスのものとわかると、ブレットはラテン系闇社会に精通した情報屋ダミアンを訪れる。そこで彼は、通称“エル・リョロン”ことドミンゲスの冷酷非道な正体に加え、殺害された女性の身元情報も入手する。やがて女性はイザベラ・コントレラスと判明。彼女の背後にはデトワイラーという男がいた。14度目の朝、ブレットはデトワイラーの姿を見るなり驚愕する。その男は…!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001