リタの過去に秘密があると感じながらも、彼女の命を守ろうと必死になるブレット。状況を変えない限り、リタは殺害される。そんな時、叔父ニックを尾行していたブレットは、彼とブースの会話からリタが彼らに拘束されたと思い込む。48度目の朝、やはり行方がわからなくなったリタを追い、彼はニックの話していた場所に急行する。しかし、そこにいたのはニッツバーグ判事の秘書マーゴだった。汚職事件の大陪審に絡み誘拐されたという。リタはどこに? ブレットは元夫チャドを待ち構え、リタの隠された過去を問い詰める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001